冬休みのお知らせ

平成30年12月29日から同31年1月6日まではお休みさせていただきます。

夏休みのお知らせ

平成30年8月16日から22日まではお休みさせていただきます。

冬休みのお知らせ

平成29年12月29日より同30年1月4日まではお休みさせていただきます。

事務所移転のお知らせ

平成29年4月3日に事務所を移転しました。同じ板橋区内ですが、新事務所の最寄駅は東武東上線

 

板橋駅です。

日弁連交通事故相談センターの本部相談員になりました(平成27年9月)

公益財団法人日弁連交通事故相談センター本部の相談員になりました。これからも交通事故の損害賠

 

償請求事件について積極的に受任していきたいと思います。

日本クレジットカウンセリング協会の弁護士カウンセラーの就任しました(平成27年4月)

公益財団法人である日本クレジットカウンセリング協会(JCCO)の弁護士カウンセラーに就任し

 

ました。毎週木曜日にカウンセリングを担当しております(平成30年3月31日終了)。

弁護士会の成年後見人候補者名簿に登載されました(平成25年2月21日)

第二東京弁護士会の成年後見人候補者名簿に登載されました。

板橋区役所の法律相談担当になりました(平成25年4月から)

平成25年4月から板橋区役所で相談を担当することになりました。

 

相談料は無料です。

 

月に1,2回担当しています。

原発被害者弁護団(東京)の団員になりました(平成25年1月4日)

 このたび,原発被害者弁護団に入らせていただきました。

司法過疎について

 

 司法過疎というと,地方の支部の話のような気がします。

 

 東京の,しかも23区には1万人を超える弁護士がいて,司法過疎という言葉とは無縁のような気

 

 もします。

 

 確かに,形式的にはそうでしょう。

 

 しかし,23区と一口に言っても弁護士がたくさんいるところもあれば,そうでないところもあり 

 

 ます。

 

 板橋区や北区などはまだまだ実質的には都会の中の司法過疎地といってもよいのではないでしょう

 

 か。

 

 同じことは,東武東上線沿線の埼玉県志木市,新座市,和光市,朝霞市などにもいえるのではない

 

 でしょうか。

 

 これらの市はさいたま地裁本庁管轄で,弁護士は相当数います。

 

 しかし,そのほとんどは,浦和や大宮に事務所があり,東上線の方が,相談に行くには結構な時間

 

 を要します。

 

 そう考えると,司法過疎というのは実は都会の中にあっても,遠い話ではないのでは,と思いま

 

 す。